スキップフロアと吹き抜けで開放的なアメリカンスタイル

【H様邸(B-style)】兵庫県 加西市

家族構成:夫婦+子2人

構造:木造

規模:2階建て

延床面積:106.81㎡

施工:(株)森川住宅 設計者:ARCHOUSE

  • 新築
  • スキップフロア
  • 吹き抜け
  • 対面キッチン
  • リビング階段
  • 家事動線

(株)森川住宅が、若い家族に向けて企画したモデルハウス。延床面積32坪の中で、吹き抜けを効果的に用いて開放感を獲得し、スキップフロアで前面道路からの視線をブロック。その後購入した住まい手から届いた感想が、設計意図の成功を物語ります。

幹線道路からプライバシーを守った暮らしやすい間取り

アメリカンスタイルのこの家は、㈱森川住宅のモデルハウスとして建てられました。「30代くらいの、子育て中の夫婦の方に提案したいと思い、企画しました」と社長の森川育夫さん。1階のLDKはスキップフロアで、ダイニングキッチンよりリビングの方が階段3段ほど高くなっています。これには、見た目のおしゃれさのほかにも、大切な意味があるのだとか。「敷地が幹線道路に面しているので、リビングの床を上げて窓も高めの位置に付けました。こうすることで、車や通行人からの視線を受けずに、落ち着いて過ごすことができます」(森川さん)。リビング上は吹き抜けで、スチールと木で造作したスケルトン階段が見せ場に。ソファに座ると2階との一体感が感じられ、開放感を楽しめます。2階に上がると、FIXの大きな高窓から山の緑が眺められ、爽快な気分に。2階のホールは広くとられ、洗濯物の室内干しやテレワークのための書斎コーナーなど、ライフスタイルに合わせてカスタマイズしやすくなっています。

1階の間取りは無駄な廊下部分が少なく合理的。その分、LDKが広く感じられ、キッチンと水まわりを結ぶ動線が直結しており家事がスムーズに行えます。壁面いっぱいのパントリーや通り抜けのできるシューズクロークがあり、片付けやすく散らかりにくい環境をつくります。キッチンの背面棚や手洗いコーナーなどは、味わいのある造作家具。ボルドーパインの床とともに、室内に温もりを添えています。

モデルハウスとしての期間を終えると、森川住宅と仕事上のつながりがあったHさんが購入することに。業務でこの家の図面を見たときから興味をいだいていたHさんは、完成後の洗練された空間に感激し、ぜひ購入をと申し出たのだとか。「スキップフロアの段差のところや、吹き抜けで上下がつながる2階のホールが特に気に入っています」と喜びの声を寄せてくださいました。設計の狙い通り、リビングでは交通量の多い道路からの視線が気にならず、ゆっくりくつろいでいるとのことです。

高く吹き抜けたリビングでは、プライバシーを守りながら開放感を獲得。モダンな中に、むき出しの梁が素朴さと力強さを添えています。

フルオープンのキッチンは、LIXILのリシェルSI。ブラックの水栓とハイブリッドクォーツシンクで、家具のように眺める楽しみも。

上下の一体感と開放感が味わえる2階のホール。四角い窓から緑が眺められ、日当たりの良いホールは洗濯物の室内干しにも最適です。

■パントリー

キッチン横には大容量のパントリーを設けて。オープンなキッチンなので、いつでもきちんと見せるためには収納によるバックアップが必須。

■外観

ブラックのガルバリウムに覆われたシンプルな外観は、切妻屋根の形に愛嬌があります。リビングの高窓の白い縁取りがデザインのアクセントに。

■玄関

モルタル土間の玄関。右手のドアはシューズクロークへの出入り口。リビングとつながる左上の内窓は、造作によるオリジナル品。

■手洗い、トイレ

木の造作カウンターに手洗い器を落とし込んだおしゃれな手洗いコーナーでは、ゴールドの蛇口が効いています。トイレ内は柄物のクロスで雰囲気を変えて。

■子ども部屋

おもちゃを思い切り広げて遊べる広い子ども部屋。真ん中を壁で仕切れば2つの個室になるよう、ドアは2つ設けてあります。

■主寝室

ブラック&ホワイトでシックにまとめた主寝室。正面奥は3畳分のウォークインクローゼットで、大量の服もスッキリ収まります。

施工

(株)森川住宅
兵庫県加西市鶉野町1026-2

打ち合わせをていねいに積み上げ、専属の設計士がゼロから図面を引くことで、お客様の家に対する思いや夢をかたちにします。既製品を当てはめるだけの家造りではなく、腕のいい大工による造作家具を取り入れ、お客様からの支給品などにも柔軟に対応いたします。施工エリアは、車で30分とすぐに駆けつけられる範囲に限定し、しっかりしたアフターフォローの対応を可能に。地域で信頼関係を育み、口コミによるご紹介が7〜8割を占めるに至りました。こだわりのある方、大歓迎。一生に一度の家づくりを喜びいっぱいの経験にしませんか?

メニュー
ページトップへ