リゾート気分を味わえる
ホテルライクな住まい

【H様邸】山口県下関市
LIXILメンバーズコンテスト
新築部門・地域最優秀賞受賞作品

家族構成:夫婦

構造:在来木造工法

規模:地上2階建て

延床面積:142.85㎡

設計・施工:株式会社トピア

  • 新築
  • デイベッド
  • ホテルライク
  • パッシブデザイン
  • 全開口サッシ
  • タイルテラス

初めてのマイホームで、旅行好きのご夫婦が希望したのが家に居ながらリゾート気分を味わえる住まい。海外のリゾートホテルにあるようなデイベッドをリビングに配置するなど、「ホテルライクな住まい」でおうち時間を満喫されています。

デイベッドありきでLDKを設計

お施主さまは共働きの30代ご夫婦です。マイホームの建築にあたり、以前から家づくりの考えに共感していたトピアに土地探しを含めて相談、希望のエリアに条件の良い土地が見つかり、家づくりがスタートしました。

トピアは、お施主さまからの「家に居ながらリゾート気分を味わえる住まいにしたい」との要望を踏まえ、「ホテルライクな住まい」を家づくりのテーマに設定。特に、海外のリゾートホテルにあるようなデイベッドを1階のリビングに置くことがお施主さまの一番のこだわりであり、その前提でLDKを設計しています。デイベッドは海外から取り寄せるとコストが高くつくことから、トピアの職人が現場で造作することに。2m角のデイベッドは大人二人が寝転んでも余裕の大きさで、お施主さまは読書をしたりテレビを見たり、リラックスタイムを過ごしています。

主寝室には「大きなローベッドを置きたい」とのご要望を踏まえ、床を一段上げてマットレスだけを敷き、リゾートホテルさながらの雰囲気を演出。さらに、温泉好きのお施主さまは浴室にもこだわり、ゆったりくつろげるLIXILのスパージュを採用されました。

LDKの南面にはサーモスⅡ-Hの全開口サッシを採用し、その延長線にBBQを楽しめる広々としたタイルテラスも設置。窓をフルオープンにすればリビングからタイルテラスまでがフラットにつながり、室内外が一体化することでよりリゾート感を高めています。

パッシブデザインを基本に、完全外断熱工法、省エネ全館空調システムの採用で高い住宅性能を確保したのもポイントです。大開口やダイニングの吹き抜け空間で開放感を持たせながらも、家の中の温度差が少なく、一年を通して快適な住まいを実現。コロナ禍でも、こだわりの詰まったご自宅でおうち時間を満喫されています。

デイベッドの下部は本棚として有効活用。壁には棚板の位置を自由に調整できるトピアオリジナルの棚を設置しています。

間取りの関係で光や風が通りにくかったダイニングキッチンは、吹き抜け空間とキッチン側に高窓を設けることで課題を解決しています。

LDKとの連続性を持たせた開放感あふれるテラス。フローリングの延長で手前側をウッドデッキとしています。

■和室

リビング横の和室には引き込み戸を採用し、ワンルーム感覚で使用できます。

■テラス

ご友人を招き、テラスでBBQなどを楽しまれています。タイル製なので火や水に強く、お手入れも簡単。

■主寝室

床を一段上げ、ローベッドを置いてリゾート感を演出。

■ワークスペース

2階にはご夫婦で使用できる4畳のワークスペースを設けました。

■浴室

一日の疲れを癒やすスパージュの浴室。お施主さま一番のお気に入り空間です。

■外観

オープンでありながらプライバシーにも考慮した外観。駐車スペースはゆったり3台分確保しました。

設計・施工

株式会社トピア
山口県山口市朝田131-1

1989年の設立以来、「良い家を造って、きちんと手入れして、永く大切に住まう」という基本的な考え方のもと、技術者の視点から将来を見据えた家づくりを提案。お客さま一人ひとりの暮らしを読み取って設計・施工し、健康で安全な住まいを提供しています。

特に「少ないエネルギーで快適に暮らす」をコンセプトに、建物の断熱・気密性を重視し、パッシブデザインを取り入れたハイレベルな住まいで地域の信頼獲得を目指しています。

メニュー
ページトップへ