家族5人が集える
広いリビングは
眺望と開放感にこだわって

【T様邸】岡山県真庭市

家族構成:夫婦+子ども3人

構造:木造

規模:2階建て

延床面積:131.46㎡

設計・施工:(株)兵恵建設

  • 新築
  • デザイン
  • 無垢材
  • 眺望
  • ZEH
  • 傾斜地

傾斜地を生かした、眺望の良さを最大限楽しめる家。木をふんだんに用いながら垢抜けたデザインで、吹き抜けや大開口、オープンキッチンのある明るいLDKを実現。高性能のZEH仕様で夏も冬も省エネかつ快適な家になりました。

傾斜地を生かし大開口でビューを取り込む

T様は高校生、中学生、小学生の3人のお子様をもつ5人家族。借りていた以前の住まいが手狭になり、一戸建ての新築を計画されました。兵恵建設の完成見学会で実際の空間を体験し、木をふんだんに使った空間の気持ちよさや、デザイン性の高さを感じられたことが依頼につながりました。施主様のこだわりを実現しようとする誠意が感じられたことも、決め手になったようです。

西に向いて下る傾斜地には最大2mの高低差があり、それをどう生かすかが設計のポイントに。コストを押し上げる盛土などの土木工事は避け、基礎部分で落差を吸収。西側に行くほど床が地面から高くなることを利用してウッドデッキを張り出させ、浮遊感を得ています。建物の外形は、できるだけ低く抑えることを意識してデザイン。威圧感がなく親しみを感じられ、黒のガルバリウムに無垢の木を合わせたデザインは自然豊かな周辺環境に溶け込みます。

T様のご要望は、思春期のお子様たちが個室に籠もらないよう、広く快適なリビングがあること、周囲に開けた眺望を家の中からも楽しめることでした。LDKは約25畳と広々。部屋全体を見渡せるオープンな対面キッチンとリビング上の吹き抜けで、隅々まで開放感と明るさを感じられます。リビングにはお子様が勉強できるスタディスペースがあり、リモート授業にも活用されているとか。夫妻が将来的に1階ですべての生活を完結できるよう、主寝室も1階に配置。家族みんなで使えるウォークインクローゼットを間取りの中心に据え、行き止まりのない動線で利便性を高めました。

ダイニングには、見晴らしの良い景色を楽しむための大開口が。窓枠が見えないすっきりしたデザインのLWスライディングで、風景が美しく切り取られ開放感も抜群です。ご主人は毎朝起きるとこの窓から外を眺めるそうで、「空の変化を感じられようになった」と喜んでいらっしゃいます。

ダイニングには西側の眺望を俯瞰できる大開口を。サッシはLWスライディングを採用し、窓枠を隠したすっきりしたデザインと高断熱を実現。

広々したリビングを望んだT様のため、リビング上は吹き抜けに。お子さんが学習できるスタディスペースもつくりました。

対面型のキッチンはフルフラットタイプを選択。室内が見渡せ、ワイドに広がる眺望も楽しめます。

■DKと畳コーナー

LDKの一画は寝転がってくつろげる畳コーナーに。一体的な空間になるよう、段差をつけずフラットにつなげました。

■キッチン

キッチンの背面収納には手持ちのカップボードを利用し、必要に応じて隠せるように三枚引き戸をつけました。

■玄関

天井をスギ板張りにした玄関ホール。入ったとたん、爽やかな木の良い香りが迎えてくれます。

■洗面室

洗面脱衣室には、家族5人分のタオルや下着類などを収納できる大容量の造作棚を設けました。

■ウッドデッキ

南側に巡らせたウッドデッキには深い軒を架け、夏の日射遮蔽を。軒天にもスギ板が張られています。

■外観

黒のガルバリウムと木部のハーモニー。高さを抑えた外観は、周囲に親しみやすさを感じさせ、景観にも馴染みます。

設計・施工

(株)兵恵建設
岡山県津山市小田中2270-2

兵恵建設がおこなうのは、一軒ごとに住まい手の個性に合わせた自由設計の家づくりです。社員に一級建築士が多数おり、デザイン・設計のスキル向上のため、勉強会にも積極的に参加しています。

建材は安全なものを採用し、特に岡山県産のヒノキ、スギ、マツの無垢材をふんだんに使用。熟達した職人による昔ながらの技術に最先端の高性能を組み合わせ、ZEHにも力を入れています。自然素材の良さと高断熱・高気密の快適さをかけ合わせ、それぞれのお客様にピッタリの住まいをお届けします。

メニュー
ページトップへ