デザインと性能にこだわった

夫婦二人暮らしのための
24坪の平屋

【ミナミマチノヒラヤ】北海道江別市

LIXILメンバーズコンテスト

新築部門・地域最優秀賞受賞作品

家族構成:夫婦

構造:在来軸組工法

規模:平屋建て

延床面積:80.33㎡

設計・施工:株式会社藤城建設

  • 新築
  • 平屋
  • コンパクト
  • 片流れ勾配
  • ユーティリティ

夫婦二人の暮らしにちょうどよい、シンプルで最小限の広さの平屋を建設されたお施主さま。立地のデメリットをプランで解消し、将来を見据えたストレスの無い生活動線もポイントに。デザインと性能がバランスよく備わった、コストパフォーマンスの高いお住まいです。

天井の高低差を活用し空間を広く見せる

お施主さまは40代のご夫婦。お子さまが自立し、コンパクトな平屋での暮らしを望んでいました。いくつか住宅会社を調べる中、藤城建設のホームページでイメージに近い施工事例を見つけたのがきっかけで、土地探しも含め藤城建設に家づくりを託すことにしました。

建設地は北側道路に接し、日当たり面で不利な立地でした。そこで、北側に玄関や土間収納など採光を必要としない空間を、南側にLDKを配置するようプランニング。北から南に向かって徐々に天井が高くなる片流れの勾配とし、最も天井高があるリビング上部に大きなハイサイドライトを設け、南東方向からの日を最大限に取り込む工夫を施しています。

主寝室は玄関側に配置し、落ち着いた空間となるよう、天井高を一般的な住宅よりもあえて低めに設定。天井高を抑えた玄関から開放的なリビングに入り、再び天井高を抑えた寝室へ。全体で24坪の住まいながら、天井の高低差による効果で狭さを感じさせません。

また、浴室とトイレが隣接するユーティリティを広めに確保し、キッチン、寝室と一直線につながる動線に。将来の生活を見据えスムーズな動線に配慮しました。

今回、住宅ローンの関係で建築費用を1800万円以下に抑える必要がありましたが、複数の断熱材を組み合わせ、高性能樹脂窓の採用などでUA値0・28W/㎡Kという高い住宅性能を実現。採用する設備・部品は既製品中心とする一方、お施主さまこだわりの家具や照明などをアクセントとして取り入れ、価格以上の満足感を生む住まいとなりました。

ハイサイドライトからたっぷりの光が注ぐLDK。吹き抜け天井には板張りの米ツガ材を大胆に配し、木の温もりを感じる空間に。建設地が豪雪地帯のため、積雪により日射が遮られないよう、全体的に窓を高く配置したのもポイント。

低く抑えたキッチンの天井部にはグレーのクロスを採用。キッチンの壁にはタイルをアクセントとして取り入れました。

ユーティリティを挟んで奥の寝室からキッチンまでを一続きに。将来の生活も見据えた無駄の無い動線を実現。

■ユーティリティ

清潔感ある白で統一されたお施主さまこだわりのユーティリティ。

■インテリア

真鍮のペンダント照明、白のウッドブラインドなど、お施主さまのインテリアセンスが光ります。

■寝室

主寝室の内装カラーは落ち着いた色味で統一。天井高を抑え、一日の終わりに心から安らげる空間に。

■外観

金属サイディングのスタイリッシュな外観。主寝室側に庭を設け、苗から庭づくりを楽しまれています。

設計・施工

株式会社 藤城建設
北海道札幌市東区中沼町33番地

HEAT20・G2グレードの高性能住宅を手の届く価格で―。そのモットーのもと、コストパフォーマンスに優れた「暖かく涼しい家」を提供する努力を続けています。その一つが断熱仕様の統一化で、現場施工の手間を軽減することにより、年間100棟以上の施工を可能にしています。

平屋建築に力を入れており、2019年に平屋専門の企画住宅ブランド「平家製作所」を設立。若い世代からの引き合いも増えています。

メニュー
ページトップへ