築22年のマンションをリノベーション

街のカフェのような
非日常空間に

【ヴィンテージモダンで過ごす非日常】埼玉県所沢市

LIXILメンバーズコンテスト

リフォーム部門・ディティール賞受賞作品

家族構成:夫婦+子ども

構造:RC工法

規模:地上7階建て・3階部分

延床面積:70.37㎡

設計・施工:株式会社 おうちLABO

  • リフォーム
  • マンション
  • リノベーション
  • ヴィンテージ
  • ブルックリンスタイル

ブルックリンスタイルをテーマに、築22年のマンション住戸をリノベーション。ヴィンテージ感のあるテイストで室内空間を統一し、街のカフェのような非日常空間に仕上げています。

インテリアをヴィンテージ感のあるブルックリンスタイルで統一

「生活感のない店舗のようなおしゃれな空間に住みたい」という強いこだわりを持たれていたお施主さま。3LDKの既存マンションを購入して自分好みにリノベーションすることを決め、不動産会社から「インテリアデザイン力に定評がある」と紹介されたおうちLABO一級建築士事務所に設計・施工を依頼することに。

リノベーションのテーマはブルックリンスタイルに設定。住まいの第一印象を決める玄関ホールはぎりぎりまで広くし、壁面には使い古したような雰囲気を演出するヴィンテージレンガを採用しました。スニーカー収集が趣味のご主人のために、インテリア建材「ヴィンティア」で大きな玄関収納も実現しています。

リノベーションにより、リビング空間も大きく印象が変わりました。和室を無くして大きなLDK空間に変更し、ヴィンテージ感を出すため、壁や床、天井などを、黒と木目を基調にコーディネートしています。デザインに配慮しながら十分な収納量を確保し、マンション特有の梁の出を利用したニッチも作成。リビング空間の一部には、お子さまの勉強スペース、ご主人の仕事スペースとしてのデスクコーナーもあり、ガラス間仕切りのデコマドを設置することで圧迫感を解消しています。

奥さまが特にこだわったキッチンは、アイアンがアクセントとなるアイランドキッチンを採用。以前の対面型のキッチンを解体し、ダクトと水道管を移動させる必要がありましたが、下がり天井は雰囲気のあるクロス、上げ床は店舗用フロアで仕上げるなど、意匠的に空間となじませるような工夫も。随所にこだわりが感じられる素敵なお住まいを実現しました。

開放的な玄関ホール。壁面のヴィンテージレンガはあえて目地埋めせず、よりレンガの凹凸感や陰影が楽しめるように工夫しました。

梁の出をアレンジして作ったニッチはヴィンテージ風タイルとLED照明で演出し、インテリアのアクセントに。

キッチンは対面型からアイランド型に変更。配管の移動に伴い上がった床には、雰囲気のある店舗フロアを張ることで、キッチン空間を独立したステージとなるように演出しました。

■トイレ

カラフルウッドのアクセントクロスで、シンプルなトイレ空間の中にも遊び心を加えました。

■洗面脱衣室

キッチンと同じデザインで仕上げた洗面台。おしゃれな床を引き立てるために、グレーの壁紙でシンプルにまとめました。

■子ども部屋

壁にはOSB合板を使用。頑丈で画びょうの穴なども目立ちません。

設計・施工

株式会社おうちLABO
埼玉県所沢市けやき台2-20-2

おうちLABOの強みは、不動産仲介から、設計、工事、インテリアコーディネート、リフォームまで、家づくりに関わるすべての部門を持ち、土地探しから新築、リフォームまでワンストップでサービスを提供できること。

専門知識を持つ20〜30代の若手スタッフが多く在籍しているのも特徴で、営業専門のスタッフを置かず、初期接客からプラン提案、インテリアデザイン、融資関係の手続きや現場対応、アフターサービスの提供までを建築士、設計士がトータルに対応します。特にデザイン面にこだわり、よりスピーディに専門性の高い提案を行うことで、お客さまの「満足」を超える「感動」を提供することをモットーとしています。

メニュー
ページトップへ