住まい手の好みを
生かした家に

古民家風の空間に
エキゾチックスタイルを融合。

[Y様邸]富山県高岡市

LIXILメンバーズコンテスト2014

新築部門・地域優秀賞受賞作品

家族構成:夫婦

構造:木造在来工法

規模:地上2階建て

延床面積:142.78㎡

設計・施工:株式会社 電陽社建設

  • 新築
  • エスニックモダン
  • 自然素材
  • 高気密・高断熱
  • 古民家風

南米、アフリカ、アジアと世界各国を旅行してきた奥様。「和の中に異国のテイストを織り混ぜたい」という要望に対し、吹き抜けのあるオープンな間取りと豊かな質感を持つ素材を組み合わせ、個性豊かながらも落ち着きのある住空間が生み出されました。

趣味とこだわりを調和させて居心地のいいLDKに仕上げました

夫婦2人で暮らす家を建てたい。そう思い立ったYさん夫妻が出合ったのが、電陽社建設でした。「見学会で見たお宅がどれも住まい手の個性が反映されているように感じました。ここならきっと私たちの求めるイメージを実現できるのではと思えたのです」と奥様。

アフリカ、南米、アジアなど世界各国を旅してきた奥様が求めていたのは、古民家のような空間。日本伝統の和風の家の中に、エスニックなモチーフの小物などを組み合わせたい。そのような要望をお持ちでした。

提案された建物の外観は、和瓦の屋根を採用した和風の伝統的なスタイル。濃茶と白のコントラストが美しい仕上がりに。

1階はLDKが中心。リビングには吹き抜けが設けられ、古材の丸太梁が化粧として架けられました。空間に古民家風の落ち着きをもたらしています。壁の一部は杉の下見板張りに。階段や建具、収納などの造作部分は梁と色味を合わせて、濃茶色に。

リビングに隣接するキッチンでは、カウンターにモロッコタイルをあしらい、ターコイズブルーのクロスを貼るなど、一転して異国情緒を演出。来客時にはホームバーとしても機能します。

「キッチン、ダイニング、リビング、ウッドデッキ、どこにいても開放的で、のんびりとくつろげます」と奥様。週末には大勢の友人を招いてのホームパーティーも可能です。

しっかりと気密・断熱を確保した躯体には、通風を考慮して開口部を配置。夏は心地よい風が吹き抜け、冬には床暖房で空間全体を暖めます。冬は積雪に見舞われ、夏にはフェーン現象などで厳しい暑さにさらされる富山県高岡市の中でも、設備機器に必要以上に頼ることなく、室内の温熱環境を快適なものに。

随所に外国の民俗小物が飾られ、建具や家具なども味わい深いものが選ばれた室内は、夫妻のセンスによって見事にコーディネート。コンセプトに掲げた「和魂洋才の家」という名にふさわしい住空間となりました。

和風の端正なたたずまいとなった外観。道路からの視線を遮るため、開口部は最小限。白壁と濃茶の板壁の組み合わせにより、古きよき日本の伝統を思わせる仕上がりに。

階段スペースもリビングに取り込んで一体感を演出。壁は杉の下見板張りとして、室内を落ち着いた雰囲気にしています。

吹き抜けには、Y様ご夫妻と探した古材を利用し、化粧梁を入れて古民家の重厚な雰囲気を演出しました。

■LDK

LDKが一体となった1階。階段や吹き抜けによって2階とのつながりも生まれ、家全体に光と風が行き届く、快適な空間になっています。

■ウッドデッキ

西側に設けられたウッドデッキ。室内ともフラットに連続し、アウトドアリビングとしても活用されています。屋外の開放感を取り込み、暮らしに潤いをもたらしてくれます。

■キッチン

キッチンにはLIXILのサンヴァリエ<アレスタ>を採用。背面の収納棚は扉を付けずオープンにして、使いやすくしまいやすいようにしました。

■洗面・浴室

洗面台に「ピアラ」、浴室には「グランデージ」を採用。機能が高く使い勝手のいい水回りに。

■和室

玄関横の和室は、昭和レトロを思わせる内装、色づかいに。応接間のほか、来客の寝室としても利用されています。

■2階ブリッジ

2階の寝室と個室の間はブリッジでつなぎました。吹き抜けを横断するダイナミックな構成で、室内にアクセントを加えています。

設計・施工

株式会社 電陽社建設
富山県富山市黒瀬北町2-2-1

電陽社建設では、日本の家づくりの理にかなった「呼吸する家」、お客様の生活に密接している「ライフスタイル」、そして自然との共存を意識した「自然共有型」という3つのテーマを大事にしています。

断熱、通気、除湿、省エネ、耐久性などの要素を高める通気断熱工法(WB工法)を採用。家族のライフスタイルを考慮した自由設計と無駄なコストを排除した合理的な家づくりにより、庭や自然環境を取り込んだ住空間を提案しています。

新築・リフォーム、ともに納得のいくまでじっくりと打ち合わせを重ね、生活をよりよく、豊かなものにするためのプランニングを行うとともに、施工、メンテナンスに至るまで、担当者が責任を持ってケア。愛着ある住まいづくりのために尽力しています。

メニュー
ページトップへ