光と風の
コートハウス

家族が安心してくつろげる
開放的なモダン空間。

[I様邸]愛知県安城市

LIXILメンバーズコンテスト2014

新築部門・地域最優秀賞受賞作品

家族構成:夫婦+子供2人

構造:木造軸組工法

規模:2階建て

延床面積:224.36㎡

施工:株式会社 コスモ

施工:アーキテクトスタイル

  • 新築
  • 広々リビング
  • 中庭
  • 自然共生
  • 自然素材

周囲を隣家に囲まれた敷地で提案されたのは中庭プラン。外からの視界をカットした中庭に向けて大きく開いた室内は明るく広々と。家族が安心してくつろげる家になりました。

中庭の開放感を大開口で取り込んでのびやかな空間に

四方を隣家に囲まれた旗竿状の敷地の中で、お施主様が求めたのは、プライバシーを守りながらも光と風に満ちた開放感のある家でした。

そんなイメージにぴったりだったのが、地元のビルダーであるコスモ。設計事務所との協働も行っており、今回も、建築家の柴田達志氏((有)アーキテクト・スタイル)に設計・監理をお願いすることになりました。

柴田氏が提案したのは中庭を間取りに取り込んだコートハウスのプランです。リビング、ダイニング・キッチン、寝室と水まわり、子ども室といった4つのエリアを中庭の周囲に配置。それぞれ、中庭に対して大きく開口部を設けることで、敷地外からの視線をカットしながら、光と風と開放感を室内に取り込んでいます。

吹き抜け状になった高い天井のもと、大きく確保された室内には、南西側の窓と高窓からの採光があり、明るい日差しでいっぱいに。2階には、小屋裏を利用した納戸と、ブリッジ状の通路の先にバルコニーを用意。物干しポールを設置して、子どもたちの大量の洗濯物を乾かせるようになっています。

また、敷地の旗竿状の部分には駐車スペースを設けて有効活用。そこから玄関までのアプローチには、古民家調の格子戸と強化ガラスを用いた白壁、庇をあしらって町家の露地のような雰囲気を演出しています。

ナチュラルモダンなスタイルの中にも、こうした和風のモチーフがさりげなく加えられることで、居心地のよさが感じられるようになりました。
開口部にはLIXILの高断熱窓「サーモスⅡ」を採用して、全館空調による快適な温熱環境を維持。構造計算によって耐震性を確保するという裏付けもあり、家族が安らかに生活できる住まいとなりました。

シャープなアウトラインが印象的な外観。中庭に続く通路はオリジナルの縦格子戸で仕切れるようになっています。

アプローチには和風のしつらえを施して、町家の露地のような雰囲気に。

LDK、寝室などは中庭を囲むように配置。中庭に植えられたシマトネリコの緑を眺められます。ウッドデッキも設けられ、室内から連続して使えるアウトドアリビングに。

■ダイニングとキッチン

中庭に面して掃き出し窓と高窓を設置。南西からの明るい日差しを取り込んだダイニングとキッチン。天井の高さもあり、広々とした空間に仕上がっています。

■寝室

北側には寝室を配置。抑えめの天井高でLDKとはまた違った雰囲気に。

■リビング

吹き抜け状の高い天井のもと、リビングからキッチン、ダイニング、その奥のプレイルームまで空間が広がります。食後はリビングに移動して、ゆっくりと団らんの時間を満喫。

■子供室

「家族の集まるリビングを広くして、子ども室はシンプルに」という要望通りの子ども室に。ピンクのクロスを貼って女の子の部屋らしい内装に仕上げています。

■プレイルーム

ダイニング・キッチンに隣接したプレイルームには壁面に収納棚を設置。子どものおもちゃなどがしまわれて、すっきりと。

■トイレ

寝室の近くに設けられたトイレ。LIXILのサティスを採用しました。手洗いと一体の空間に。

施工

株式会社 コスモ
愛知県豊明市栄町内山67-42

愛知県奥三河で育った木材を使い、他では見ることのできないようなこだわりの木の家を得意としています。

その上で、これからの住宅に求められる省エネルギー基準を満たしながら、自然の力を利用。必要に応じて太陽光発電なども取り入れた「パッシブファースト」を設計・施工の基本に置いています。目指すのは、無理なく無駄を減らせる心地よい環境の家。そんな姿勢が表れている、常設のモデルハウス「コスモの木の家」は木の空間のよさを味わえる体感スペース。様々なイベントも開催されています。

高い施工技術を生かし、新築のほか、古民家再生などのリフォームの実績も豊富。地域の住宅需要に幅広く応えています。

メニュー
ページトップへ