夫婦ふたりの
暮らしを見据え、

明るく快適に住めるように
平屋の間取りを整理

[T様邸]埼玉県所沢市

LIXILメンバーズコンテスト2013

リフォーム部門・地域優秀賞受賞作品

家族構成:夫婦+子供1人

構造:木造在来工法

規模:87.74㎡

築年数:約27年

設計・施工:株式会社フレッシュハウス

  • リフォーム

老朽化した平屋の耐震性を改善。暗い廊下をなくして、明るく広々とした室内に。これから始まる夫婦二人の暮らしを快適に営める住空間になりました。

開放的な空間にナチュラルな色使い。楽しくくつろげる雰囲気に

築27年が経過し、老朽化が目立ってきたT様邸。全体的に構造や設備のメンテナンス、補修も含めて見直しをしたいと考え、フレッシュハウスに相談することになりました。

T様邸は平屋で、ダイニングキッチン、リビング、2つの和室、洋室などが廊下によって分断され、開口部からの光や風が行き渡りにくい状態になっていました。活用されていない部屋などもあったため、今の暮らしに合うように間取りを整理するところからプランニングがスタート。

東側にあったキッチンとリビングの間仕切りを撤去してワンルームに。ダイニングテーブルのほか、ソファなども置けるスペースができ、親族や友人が集まることもできるようになりました。

リビングでは、梁を表しにして天井高を出し、伸びやかな空間に。梁は塗装し、ナチュラルなカラーコーディネートのリビングを引き締めるアクセントに仕上げました。以前の間取りでは光や風が届かなかった北側のキッチンも、明るく気持ちのいい場所になりました。

西側の和室と洋室も、書斎付きの夫婦の寝室と、子ども室に再構成。近い将来、夫婦だけの生活になったとき、子ども室と寝室の間の壁は撤去して一室になるようにしてあります。

床の段差を解消して、間仕切りの建具もすべて引き戸に替えて、バリアフリーの仕様に。

また背の高いタンスや奥が深くて出し入れしにくい押し入れに分散していたものも、ウォークインクロゼットや手の届く高さの造作収納などにまとめ、将来、体が動きにくくなってからでも不自由なく生活できるようにしました。

シンプルで飽きのこないデザインで仕上げられ、快適になった住空間は、耐震改修が施され、断熱性も改善されました。T様夫妻のこれからの暮らしを頼もしくバックアップしてくれそうです。

間取りの中央にあるため、暗くなりがちな和室は、玄関側と廊下側に明かり取りのスリット窓を設けて採光を施しました。LDKともひと続きになるようにして、使いやすい部屋に。

寝室では薄紅色のクロスをアクセントに。枕元には眼鏡や文庫本などが置ける棚も設置。右手の壁にはウォークインクロゼットと書斎に続く引き戸が。短い動線で暮らせるように計画されています。

キッチンから寝室に続く廊下は、以前は暗く、トイレのドアが外開きだったために衝突の危険もありました。そこでドアはすべて引き戸に。明るい内装に変え、和室にスリット窓を設けることで歩きやすい廊下に。

■玄関

玄関のドアにはLIXILのエルムーブを採用。採光を図り、明るい玄関に仕上げました。

■LDK

リビングでは圧迫感のあった壁面収納の代わりにテレビ台兼用のローボードを造作し、モダンな空間に。

■キッチン

キッチンにはLIXILのサンヴァリエ<アミィ>を採用。ゴミ箱などもシステム収納におさめ、キッチンをすっきりと。

設計・施工

株式会社フレッシュハウス
神奈川県平塚市平塚1-2-6

フレッシュハウスは、首都圏を中心に、静岡、山梨、愛知、福岡の各県にも拠点を持ち、水回りから屋根・外壁などの部位別リフォームから全面リフォームまで幅広く手掛けています。

今回、T様邸を手掛けた所沢営業所の矢部紀貴所長は、「支障のある部分をただ直すだけでなく、お客様の暮らしそのものがより楽しくなるようなリフォーム提案を心がけています」と話します。

テレビ番組「TVチャンピオン」の住宅リフォーム王選手権優勝を始め、各種コンテストにもたびたび入賞。設計・施工の両面で高品質なリフォームを提供して、多くのお客様に喜ばれています。

2004年からは新築も手掛けるようになり、数多くの実績を積み重ねています。

掲載:2014年10月

メニュー
ページトップへ