ひとつの屋根の下に
展開された内外一体の空間。

快適・エコを実現した
高性能住宅

[BIG ROOF]大分県中津市

LIXILメンバーズコンテスト2012

新築部門・エコロジー賞受賞作品

家族構成:夫婦+子供2人

構造:スーパーウォール工法

規模:平屋建て

延床面積:112.40㎡

設計・施工:株式会社エッジライフ

  • 新築

周囲に田園が広がる、ゆとりある敷地。その環境の中で、プライバシーを守りながらもガレージや物干し場、庭とのつながりを生かした平屋の空間が生まれました。

高気密高断熱のワンルーム空間で開放的な暮らしを楽しむ

周囲には田園の広がるのどかな環境。ゆったりとした広さがあり、日当たりもいい恵まれた敷地での家づくりにあたって、施主のSさんは「この地なら、いろんな建築の可能性がありそう」と考えました。設計・施工を受注したのはエッジライフ。Sさんは見学会にも何度も足を運び、そのデザイン性や提案力に惹かれて依頼を決めたそうです。

家づくりの切り口となったのは、「ひとつの大きい屋根で家族が一緒に暮らす」というイメージ。約180坪という広い敷地を生かし、平屋のスタイルが選択されました。約34坪の床面積に対して、約80坪の屋根をかけることで、外観に確かな安定感と住宅としての一体感を演出しています。

屋根の下では、玄関と和室、浴室と洗面室、子ども室、主寝室、LDK、と居室のブロックごとにひとまとめに。そのブロックの間に中庭などを挟み込んで、光と風を取り入れながら、平屋の中に内外一体の多彩な生活空間がつくり出されました。

室内では、1本の通路から枝分かれするようにそれぞれの居室ブロックが並べられ、通路や中庭で距離を取ることでプライバシーも確保。オープンな間取りには、風の通り道も用意されており、夏場に窓を開ければ、外部からの風が爽やかに吹き抜けていきます。快適性とともに省エネルギー、エコを意識した設計です。

建物の回りにはガレージ、自転車置き場、物干し場などを配置。敷地周囲には柵などを立てることもなく、オープンなつくりになっていますが、建物の各ブロックの間に開口部が巧みに隠されて、外部からの視線はさりげなくカットされています。隣接する農地に将来、住宅が建てられても安心して開放的な暮らしを楽しめるように配慮されました。

L字型に配されたリビングとダイニングでは、北と南と西に向けてそれぞれ大きな掃き出し窓が設置され、緑の芝生と青い空の眺めをたっぷりと取り込むことに。

「キッチンに立つと、明るい南の庭を眺めることができて気持ちがいい。LDK全体でくつろぐことができます」と奥様は満足そう。

玄関横には和室、リビングの一角には一段上がった畳敷きのデスクスペースも用意。間取りの中には変化に富んだ空間が散りばめられました。

「BIGROOF」という名の通り、大きな屋根の下に、居室のブロックを配置。シャープで印象的な外観に。

キッチンに面した北側の庭には屋根構造の一部を露出させて、ブランコを吊りました。直射日光にさらされない北側の庭は、夏場の遊び場として活用されています。

お気に入りのソファを配したリビングではテレビを見たり、庭を眺めたりしてくつろげます。背後の壁には背板を無くした飾り棚を設置。子ども室の気配がよく伝わってきます。

■玄関

黒い外壁の中で印象的な木製の玄関戸と軒裏。玄関前には軒が大きく出ており、雨の日の出入りをしっかりと守ってくれます。

■LDK

三方向に大きな掃き出し窓を設けて、明るい雰囲気のLDK。L字型のレイアウトで、食事から団らんまで家族が一体感を持って過ごせる。

■畳スペース

LDKの一角には一段上がった畳スペースを用意。子どもたちのお絵描きなど家族共有の場となっています。

■和室

玄関脇にある和室。開放的な室内プランの中で、あえて開口部を抑え、障子を組み合わせることで、落ち着きを感じる仕上がりに。

■子供部屋1

2つの子ども室のもうひとつはリビング裏の南側に。現在はお子様がまだ幼いこともあり、ご主人の書斎として使用されています。

■子供部屋2

リビングの隣に配置された、2つの子ども室のうちの北側の部屋。コンパクトな空間のため、あえて間仕切りの戸は付けずにオープンなつくりに。

設計・施工

株式会社エッジライフ
大分県中津市加来1661-1

病気のため工務店を廃業した父の志を受け継ぐべく、住宅会社に勤務していた井堀栄治さんが2007年に独立し、エッジライフを創業。従来の「大きくて立派」な家づくりから、ちょっとだけ発想を変えて、「ちょうどいいが心地いい」家づくりを提案しています。

井堀社長が家づくりで特に重視しているのは、プランのコンセプトや新居におけるテーマ。「お施主様とよく話し合って、これを最初にきちんと定めておくと、途中で方針がぶれず、お施主様とも意識を共有して、一体感を持って取り組むことができます」と説明します。

「衣・食・住において、全ての世代(AGE)へ幸せと笑顔を築いていく!」がモットー。「お客様の“想像”の上をいく、“創造”で21世紀の笑顔が集まるハウスクリエイトを目指し、お客様に感動していただけるように全力を尽くします」と井堀社長。

細かい建築の収まりや詳細な部分等のデザインを大切にし、要望には絶対に「NO」を言わず、住まい手のイメージを生かしながら、基本性能が高く心地よい暮らしのできる家をひとつずつ丁寧につくり上げています。

掲載:2014年3月

メニュー
ページトップへ