中庭テラスを設けて
採光を確保。

すっきりとした
モダンな住空間に

[M様邸]愛知県名古屋市

LIXILメンバーズコンテスト2012

リフォーム部門・地域最優秀賞受賞作品

家族構成:夫婦+お母様

構造:重量鉄骨造

規模:地上3階建て

施工:日本住建株式会社

設計:社内設計

  • リフォーム

急な傾斜地に立つ倉庫は、築30年。日当たりがよくなく古い擁壁を背にした物件でしたが、終の住処のために購入してリフォーム。構造補強を施し、丁寧に仕上げていくことですっきりとモダンな店舗併用住宅へと姿を変えました。

中庭デッキを中心にして各室に光が取り込まれました

希望していたエリアでMさん夫妻が見つけたのは、傾斜地に立つ重量鉄骨造の建物でした。倉庫として建設されたその物件は築30年以上。背後の敷地との間には古い擁壁があり、その強度に不安が残るという事情もありましたが、駅近で利便性が高いということから、夫妻は購入してリフォームという選択をすることに。

リフォームを請け負ったのは、日本住建です。正確な新築時の図面がなかったため、既存の床や壁、天井を解体していきながら、構造をチェック。全体的に強度が足りなかったので、あらためて構造計算を行い、補強して耐震性を向上させていきました。また1階南側の外壁の内側には、基礎から立ち上げたコンクリートを巡らせて、隣接する古い擁壁に対しても安全性を確保。

南側には高い位置に隣家があり、採光が難しかったため、2階の屋根を抜き、中庭的なデッキスぺースを作り出しました。2階は、その中庭を中心にキッチン、ダイニング、リビングとぐるりと回る配置に。浴室、洗面室、トイレなどの水回りや収納、キッチン、階段、ホームエレベーターなどは日当たりの悪い南側にまとめ、LDKは視界の開けた北側に。北向きでありながら、中庭からの採光があるため、LDKには落ち着いた明るさが広がっています。

3階には夫妻それぞれのお母様が泊まれるように個室を2つ確保。1階には車庫のほか、ご主人の夢だったカフェを開設するスペース、また2頭の愛犬のための犬舎のスペースも設けられました。「犬は夜には室内に入れるので、内装や設備などにも配慮してもらいました」とご主人。リビングには犬が滑りにくいタイルを選んでいます。

古い倉庫だった建物は、内外ともにスッキリとしたモダンなたたずまいとなりました。室内では幅木や回り縁を使わずに仕上げたほか、ハイエンドドアを採用し、ドア枠を付けずに設置。床と壁、天井の接合部をすっきりと見せています。

内外の仕上げでは色数を抑え、色調の濃淡でバランスをとることでシンプルながら、端正な印象を生み出しました。細部に至るまでデザインの配慮を加え、丁寧に施工することで、完成度の高い住空間となりました。

外観はタイルとスタッコを使い分けて、単調にならないようにしました。カフェ部分には木材でアクセントをつけています。

南側は階段スペースを中心にオープンな空間に。廊下は東西に長いため、その奥行きとバランスを取るように1200mmと幅広に設計されています。

屋根の一部を抜いて、中庭に日差しを取り込みました。「ゲリラ豪雨にも対応できるよう、中庭には4つの排水口を用意しました」

■リビング

梁の出を利用して間接照明を設けたリビング。中庭に面し、広々としたくつろぎの場となりました。床は愛犬のために滑りにくいタイルで仕上げています。

■個室

3階の個室では高窓を設置。ロフトのような部屋の中に光を取り込んで居住性を向上させています。

■1階店舗

1階の西側は店舗に。ご主人がカフェを開業しています。町内会の集まりにも利用されており、ご近所同士の交流の場に。

施工

日本住建株式会社
愛知県安城市城南町1-1-1

1975年に設立された日本住建は、愛知県安城市・三河地域を中心にした地域密着型の住宅会社です。注文住宅、分譲住宅、リフォームといった住宅全般で数多くの実績があり、幅広い提案力と技術力を兼ね備えています。

安城市の本社にあるショールーム「住まいのなっとく情報館ウィズ」では、建材や住設機器を多数展示。実物を確認しながら納得のいく打ち合わせが可能です。そのほか、愛知県内3か所(大府市、岡崎市、西尾市)の住宅展示場に出展しており、相談会なども開催。じっくりと家づくりに取り組むことができます。

また、アフターメンテナンスでは、「CSセンター」という専門部署を設け、住宅の完成後も点検・補修などを通じてサポートする体制が整えられています。

住まい手の生活スタイルに合ったプランを提供し、精度の高い施工によって、安心して住み続けられる高品質な家づくり。日本住建は新築、リフォームの両面で高い評価を受けています。

掲載:2013年7月

メニュー
ページトップへ