住宅地に現れた小高い丘。

寄り添う住まいは
路地を内包し、
四季を取り込む

[丘と路地のある家]新潟県燕市

LIXILメンバーズコンテスト2012

新築部門・準大賞受賞作品

家族構成:夫婦+子ども2人

構造:木造軸組工法+RC造

規模:2階建て

延床面積:206.60㎡

施工:アサヒアレックスホールディングス株式会社

設計:アサヒアーキテクト(株)

  • 新築

矩形の整った敷地に遊び心のある家を。そんな要望に応えて生まれたのが、丘と路地のある家。開放感あふれる2階リビングや路地の先にある趣味室など変化に富んだ空間には豊かな時間が流れています。

木材と塗り壁の質採がシンプルにまとめられた空間

郊外の住宅地の角地に、ひときわ目を引く、ユニークな外観の家があります。南側には、こんもりと樹木が茂る丘。コンクリートの擁壁の隣には緩やかな片流れの屋根を持つ建物があります。その1階部分には風穴を開けるかのように路地状の駐車スペースがあり、西側正面から回り込んで南側から見れば、丘の上に立つ平屋建てにも見えます。まさに「丘と路地のある家」という愛称そのままの姿を見せているのが、H邸です。

「小さくても森のような憩いの場を設けて近隣の人にも喜んでもらいたい。その木々の間を抜けて何気なく訪問できる、大らかな住まいにしたい」。そんな夫妻の思いを反映して、プランに「丘」という切り口が生まれることになりました。

丘の斜面はなるべく自然な雑木林のような雰囲気にしたいということで、静岡県の山林の山肌を土壌ごと移植することに。そして、LDKは2階に配置し、丘に向かってL字状に開口部とテラスを設けることで、その景色を存分に堪能することに成功しました。

屋外との一体感を高めるため、天井はテラス部分と連続するようにデザイン。室内は、シックな色合いの南洋材メルバウで床を仕上げて落ち着いた空間に。レッドシダーの天井、左官仕上げの壁ともしっくりと調和します。夫妻の好むヴィンテージ家具とも巧みにコーディネートされて、独特の温もりが心地良い空間となりました。

路地の先には、基礎と一体化したRC造のホビールームも用意されました。現在はご主人の音楽スタジオとして利用されています。古い蔵の戸を再利用した入り口は日常とは違ったムードを漂わせており、男の隠れ家の趣に。

暮らしを楽しむための要素が家のすみずみにまで散りばめられたH邸。そこには、住まい手と作り手の遊び心がふんだんに盛り込まれています。

西側から見た外観。右手に「丘」が盛り上がり、路地状の駐車スペースとともにユニークな印象に。

2階でL字型に配されたLDKに沿って、広いテラスが設けられました。デッキ材はアマゾンチェリーのリブ加工品。

1階の玄関ホールから通路、階段スペースはひと続きの空間に。南側には大きな開口部を設けて自然光を取り入れています。

■リビング

レッドシダーを張った天井が屋外のテラスまで連続。リビングに開放感を取り込んでいます。床は南洋材のメルバウ、左官仕上げの壁と合わせ、陰影を楽しめる空間に。

■キッチン

キッチンの前にはオリジナルのダイニングテーブルを配置。家具と内装のコーディネートが綿密に計画され、一体感のある仕上がりとなりました。

■洗面室

黒いタイルと白の塗り壁でシックにまとめられた2階の洗面室。高窓からの採光が効果的です。

■寝室

引き戸を開ければホールとひと続きになる広々とした寝室。

■子ども室

床と壁を構造用合板で仕上げました。これから思春期を迎えるお子様にとってラフに使える空間となっています。

■ホビールーム

音楽を愛するご主人のスタジオ。玄関を出て路地をたどっていくという動線の長さが、日常生活との間に距離を持たせ、気持ちを自然と切り替えさせてくれます。

施工

アサヒアレックスホールディングス株式会社
新潟県新潟市中央区美咲町1-9-48

「家族が安心して長く暮らせて、子どもが健やかに育つ住まい」を目指すアサヒアレックス。「丈夫であること」「高性能であること」を家づくりの最優先事項としています。

100年保たせることを目標とした同社のこだわりを仕様に反映させ、強度に優れた集成材と特殊金具を接合した独自の工法A.S.S(アサヒ・スーパー・サイエンス)工法により、建物が歪みにく揺れに強い家を実現。建物は「構造躯体」と「内装」・「設備」を分けて考える「スケルトンインフィル」の考え方を採用しているので、将来的にリフォームがしやすい構造になっています。

「家も車と同じように、きちんと手入れをしてあげると元気に長持ちします。ただし、面倒なものではなく、簡単にできるように設計されている。それがアサヒアレックスの基本的な考え方です」(織田島崇取締役)。

また、断熱・気密性も高く、次世代省エネ基準を上回るのがアサヒアレックスの標準仕様。夏の暑さ、冬の寒さを防ぎ、室内を一定の温度に保ち続ける能力が高いため、快適な温熱環境をもたらすことができ、冷暖房費の負担も大幅に軽減できます。

家を建てることで、家族や人生における「安心」を手に入れられるのが、アサヒアレックスの家づくりです。

掲載:2013年4月

メニュー
ページトップへ