築25年の事務所棟をリフォーム。

コンパクトな建物を
デザイン性の高い空間に

[H様邸]長野県伊那市

第21回TH大賞(リフォーム部門)

地域最優秀賞受賞作品

家族構成:夫婦+子供1人

築年数:約25年

改装床面積
 1階床面積:43.89㎡

 1階増築部床面積:18.99㎡

 2階床面積:24.01㎡

施工面積合計:86.89㎡

設計・施工:株式会社あっとホーム

  • リフォーム

母屋に隣接する古い事務所を家族3人の新居につくり替えることに。構造を補強し、断熱性を高めて、廊下と階段を増築。限られた空間の中でも仕上げにこだわってデザイン性の高い住まいになりました。ワンフロアワンルームのコンパクトさが暮らしやすさを生んでいます。

水回り、収納、断熱性とデザイン性に耐震性。
必要な要素が揃えられました

ご主人の実家で同居していたH様夫妻。お子様を授かったことで、新たに住まいについて考えることとなりました。ちょうど母屋の隣にはご主人のお父様が昔使っていた事務所の棟が。「母屋を建て替えて2世帯同居の家にするか、事務所棟を建て替えて私たちの新居にするか、いろいろと考えました」とご主人。結局、予算や将来の家族構成の変化なども考慮に入れ、事務所棟をリフォームすることになりました。

事務所棟は、1階はミニキッチンとトイレを備えたワンルーム。外から入る階段を上がると2階に納戸のスペースがありました。建築されてから25年が経過していることもあり、断熱材が劣化し、冬には底冷えのする状態。また水回りもトイレとミニキッチンしかないため、浴室や洗面室なども新設する必要がありました。

そこで提案されたのは、1階をひと続きのLDKにするプランです。ダイニングテーブルを兼ねたカウンターキッチンを東南の角に配置し、対角線上の玄関や北側の和室、西側のリビングまで見回せるようにしました。「子どもの動きがキッチンからよくわかるので助かります」と奥様。

また外階段のスペースを建物内に引き込んで通路を増築し、内階段を新設。2階の納戸は寝室につくり替えました。新しく設けた通路は4尺5寸(1365mm)幅と広めに確保し、雨天時の物干し場としても機能するようになっています。

そのほか、もともと事務所として使用していたため、収納部が少なかったので、1階の和室の床下には引き出し式の収納、和室の隣にウォークインクロゼットを新設。2階の押し入れは、折り戸の収納に変えて間口いっぱいに出し入れできるようにしました。

内壁、天井には調湿性のある左官材を使用。床には柔らかい質感のパインの無垢材を張りました。自然素材を多用した室内は、造作のテレビ台やダイニングテーブル、本棚などによってハンドメイドの温もりに満たされて、居心地のいい空間となりました。

一体感のあるワンルームLDK。鉄筋で吊って脚をなくしたテーブル、床座のリビングと個性的な室内ですが、色や素材感をそろえて一体感を演出しました。

1階の北側は一段高くなった和室に。カウンターデスクも造作され、書斎としても使えます。段差部分には引き出し収納が設けられました。

南側の廊下。口部を大きく確保し自然光を取り入れて明るい場所に。

■玄関

以前は土間しかなかった玄関ですが、天井までの高さがある収納が備え付けられました。木製ドアに交換されて柔らかい印象に。

■寝室

床にパインの無垢材、壁を左官材とLDKと同じ仕上げにした2階寝室。壁の一部をタイル貼りにしてアクセントに。

■サニタリー

1階の東側には洗面室・浴室が増築されました。間仕切りにガラスを入れて、広がりと明るさを演出しています。

設計・施工

株式会社あっとホーム
長野県上伊那郡南箕輪村8998-1

「住人永彩(じゅうにんといろ)」の家づくりがモットー。家づくりは、愛する人やモノを幸せにするためのもの。ひとりひとり愛し方や幸せの形が違うのだから、ライフスタイルや住まい方も変わってくるはず。「住む家も人ごとに違って当然です」と伊澤和男社長。

「新築でもリフォームでもお住まいになる方のことを思って、永く自分の色合いに染めていただけるような家を提供したい。住人永彩とはそういう意味です」。

特に力を入れているのが、県産材を使った家づくり。豊富な長野県の森林資源を活用し、信州の気候の中で快適に暮らすための住環境を提案しています。リフォームでも、単に設備や内外装を新しくするだけでなく、耐震性や断熱性にも配慮。家事動線の向上も含め、より暮らしやすい住まいになるよう、提案に盛り込んでいます。

じっくりとした打ち合わせ、きめの細かいケアを実践するため、その活動範囲は社屋から5km圏内が目安に。地元密着の姿勢は多くの顧客から高い評価を受けています。

掲載:2012年11月

メニュー
ページトップへ