シンプルなデザインに
遊び心ある
個性的なモダン住宅。

[N邸]─アトリエ併設の住宅 青森県青森市

第7回TH大賞

TH大賞受賞作品

家族構成:夫婦+子供2人

構造:木造 在来軸組工法+外断熱工法

規模:地上2階建て

建築面積:84.13㎡

延床面積:153.35㎡

設計・施工:森内建設株式会社

  • 新築

自然の色が映えるようにと、外壁はガルバニウム鋼板に。外見はシャープだが、外張断熱工法の採用で、室内は快適な空間だ。

装飾のないシンプルなデザインに遊び心ある「はずし」を加える。

N邸は画家であるご主人のアトリエを併設した住宅。リビング棟とアトリエ棟がV字型に配置されているのが特長です。

この配置はアトリエを北側採光ににしたうえで、アトリエとプライベート空間を分けるという考え方から、自然にできてきたもの。

V字の一方の棟を丘の上に突き出した=オーバーハングのデザインは、建物に動きを演出するための工夫です。さらに一窓だけ傾けたのも、「曲げることによって、建物を動かす」ことを狙ってのこと。整ったデザインの一部に意図的な変化を持たせる「はずし」のデザインです。

間取りは、1階が居間・台所などの生活空間とアトリエ。プライベートと仕事の空間をはっきりと分けています。2階はプライベート空間。子供室と夫婦の寝室を別棟に配することで、プライバシーを確保しています。

「歩く」をテーマとした画家のお施主様の家。シンプルな直方体の「箱」がV字型に組み合わされている。

北側採光となるアトリエ。

室内側から見たV字部分。右がプライベート空間、左側がアトリエ。

設計・施工

森内建設株式会社
青森県青森市新町1-11-15

「デザインは生活を豊かにする」というのが森内建設の考えです。高価ということではなく、心を豊かに。

しかし、かっこよさという上っ面だけで、中身の本質がなければ、あっという間にデザインは変わってしまいます。

一見奇抜なデザインのように見える森内建設の住宅ですが、お施主様と十分に話をし、生活提案ありきで平面計画から提案していきます。生活空間をお施主様と一緒につくっていくのです。

森内建設専務の森内忠大さんは自らの設計手法をこう説明します。

「一言で表現すれば『シンプル』。決して豪華ではないけれどスマート。10人いたら10人に合わせるのではなく、そのうちの一人に合わせた建物をつくります。田舎だから、お年寄りだからこういう建物は向かないという考えは偏見です。」

市場の最大公約数を狙った家づくりではなく、手づくりならではの個性豊かな一品物を提供していく。それが森内建設の家づくりなのです。

メニュー
ページトップへ