(有)マイスター建築工房

電話番号:0225-92-8884

FAX:0225-92-8885

住吉の家(新しいのに懐かしい家)
一戸建て

コンクリートとガルバリウム鋼板、それに杉材のコントラストが美しい住宅です。

世帯属性 2世帯
建物構造 木造軸組
階数 2階建
立地属性 その他
延床面積 426.80m2 128.84坪
所在地

宮城県石巻市住吉町

特長
自然素材健康高気密・高断熱バリアフリー介護

省エネ

モダンなセンスの家

吹抜大空間の家

古民家再生住宅

施工写真

アプローチ

もともと玄関アプローチに使われていた地元産の井内石の敷石。バリアフリー化に際して緩やかにスロープ状に敷き並べ直しました。

南側外観

築100年余りの既存住宅を建て直したこの住吉の家。「新しいのに懐かしい」雰囲気を醸し出しています。使用した木材はお施主様の山から切り出して乾燥させた地元の杉材です。

濡れ縁からリビングの眺め

南側の庭に面した連続した濡縁を持つ大きな吹抜けのある居間。

格子戸の陰が美しい玄関

わずか段差2センチの玄関。既存住宅で使われていた大梁を腰掛けに仕立て直して靴の履き替えを楽にできる様にしました。再利用した梁も他にはだせない雰囲気を持っていますよね。

門被りの松

アプローチにある門被りの松を玄関から眺める。土間の三和土に埋込んだ以前の家の鬼瓦が睨みを利かせています。

この高さがゆとりを生みます

障子を通して柔らかな日差しが差し込む居間。障子は網戸を仕込んだ雪見になっているので夏の暑さも和らぎます。

時間の為せる技

リビングの隣のダイニング。見えている建具や神棚、仏壇は全て既存のものを再利用。ケヤキの建具は今回の家の寸法にに合わせて仕立て直しました。この雰囲気は一朝一夕には出ませんよね。

まるで一幅の絵

居間から庭の眺め。もともと庭にあった紅葉と松の佇まいがまるで一幅の襖絵のよう。枝一本切っては成らぬと言う要望でこの配置が出来上がりました。

メニュー
ページトップへ