(株)テイキング・ワン

電話番号:092-919-5885

FAX:092-555-6288

間取りを変えて、広々としたリビングですごしたい
一戸建て

ちょっとしたアイディアと商品提案、そしてトータルカラーコーディネートで、同じスペースでもずいぶんイメージがかわります。空間提案が充分活きた施工事例です。

世帯属性 単世帯
建物構造 その他
階数 2階建
立地属性 郊外型
所在地

福岡県筑紫郡

特長

リフォーム

施工写真

閉塞感と暗さが気になるリビングダイニング

構造の関係でLDKの柱が取れないため、リビングとダイニングが仕切られて、その分どうしても暗くなるし、閉塞感があって落ち着かない。間取りをかえて広く明るくしたいけど、柱が取れないなら、どんなプランができるでしょうか。

柱はそのままに、明るく広く「感じる」プランを考えました。

リフォーム前の構造柱は、壁として配置され、吊り戸があるためガッチリLDKが仕切られていました。リフォーム後のプランでは、仕切り部分をカウンターにして対面キッチンに、天井付近をオープンにして、部屋全体がオープンに見えるように工夫しました。

システムキッチンは、見せないで見せる収納ボード。

リビングから丸見えの壁面部分は、システムキッチンの収納ボードを駆使して、使いやすさ+収納量で、いつもスッキリと片付いた状態でお客様をお迎えできます。

庭の見える大きな窓も、冬は寒さの原因に。

よく手入れされた庭が見渡せる大きな窓がリビングには2つ。しかし冬場は外の寒気がしんしんと伝わってきて、窓辺のソファではくつろげません。

明るい色のインプラスで、窓辺が見違えるように。

床も濃い色からナチュラルな色合いのものに替えたので、それにあわせて明るい色のインプラスを取付ました。インプラスで窓まわりが見違えるように変わり、庭の景色まで変わったように感じられます。

廊下もリフォームします

廊下も床を上貼りします

廊下も明るくなりました。

床材の色ひとつで、こんなにイメージがかわります。

浴室の段差が気になります。

ユニットバスではありますが、段差がどうしても気になるので、なんとかバリアフリーにできないかしら。

浴室のバリアフリーは、入口の水仕舞いがポイントです。

弊社の浴室リフォームは、入口に木の枠は使いません。まさに水際の一番大切な部分ですので、四方もしくは三方を、樹脂製の専用入り口枠で囲います。見た目もずいぶんスッキリします。

メニュー
ページトップへ