リフォームスタイル(株)

電話番号:045-410-7170

FAX:045-410-7171

横浜市の補助金制度を利用して、耐震リフォーム
一戸建て

横浜市の耐震リフォーム補助金制度(横浜市耐震改修促進事業制度)を利用し、戸建ての全面耐震改修リフォーム工事を行いました。

受けた補助金は、上限額の225万円。

壁補強・基礎補強・屋根軽量化などを総合的に考慮し、A様邸にもっとも適した耐震設計プランを設計・施工しました。

世帯属性 単世帯
建物構造 木造軸組
階数 2階建
立地属性 都会狭小型
所在地

神奈川県横浜市港南区

特長
高耐震

施工写真

耐震リフォーム 使用金物部材

耐震診断の結果を踏まえ、壁補強・基礎補強・屋根軽量化などを総合的に考慮し、最適な耐震設計プランを作成します。

筋交いのサイズ、補強金物の種類、釘のサイズや釘を打ち込む間隔に至るまで、補強箇所により全て異なります。全ての部材を、耐震プラン通りに使い分けなければなりません。

【リフォーム前】

リビングの2面の壁を、L字型に補強していきます。

【リフォーム途中 解体後】

まずは、床・壁・天井を解体します。

壁内部を見ると、柱の数は少なめで、筋交いは1本も入っていなかったことがわかります。

また、補強すべき壁には、基礎がありません。そのため、基礎を新設していきます。

【リフォーム途中 基礎新設 筋交い・柱の設置】

まずは壁を支えるコンクリート基礎を新設。

続いて、壁の柱を増やし、筋交いも設置し、壁を強化します。
筋交いは強度を高めるため、補強金物を使って既存の柱にしっかりと取り付けます。

【リフォーム途中 構造合板 設置】

壁内部の補強が終わったら、外側は構造合板を設置し、壁全体の強度を高めます。

【リフォーム完成】

最後はクロスで仕上げ、内装の完成です。

【リフォーム途中 筋違い設置 】

和室の角の壁内部に、筋違い(斜めの部材)を設置します。

この、柱と柱の間に斜めに設置する「筋違い」は、建物への特に横からの衝撃を緩和する役目があります。
よって、 建物が地震で横に揺さぶられた時に、建物のねじれを防ぐのに効果的です。

【リフォーム途中 筋交い設置】

地震の際、特に大きな負担が掛かる建物の角。そのため、耐震補強するのに効果的なポイントです。

こちらも、まずは壁の内部に筋交いを設置します。

筋交いは補強金物を使用して、しっかりと建物構造体と一体化させます。

そして構造用合板、その上に仕上げ用の外壁サイディング材を貼り、完成。

外観エクステリアリフォーム

トタン風だった外壁を、高級感のあるグレーのサイディングに張り替えリフォームしました。

窓サッシ・シャッターや玄関ドアは黒でまとめ、統一感のある仕上がりに。

メニュー
ページトップへ