(株)千葉工務店

電話番号:0155-23-9230

FAX:0155-22-6196

LONG HOUSE
一戸建て

建築家・岸健太氏が計画。

いつものびやかに家の中を巡る、小さな旅のような生活のための長い家です。大きな庭園に面した廊下を介して計画的に配置された諸室は、まんべんなく家の中を歩き回り活用する健康的で合理的な生活を実現しています。

世帯属性 単世帯
建物構造 ツーバイフォー
階数 2階建
立地属性 郊外型
延床面積 207m2 62.6坪
所在地

北海道清水町 FU邸

特長
自然素材高気密・高断熱電化バリアフリー

モダンなセンスの家

施工写真

外観

庭園に向かい開かれた、大きく連続する開口。

玄関

お客様のためには立ち話のための小さな居間ともなる、開放的な玄関。

居間

この住宅のシンボルである片廊下と連続する居間

キッチン

大きく明るいキッチンには、前後2台カウンターが備わっている。また食料庫も付属している。

片廊下

全ての諸室をつなげるこの家のシンボル空間。庭園に向かい規則的にもうけられた開口からの自然光は、廊下を横切りそのまま各個室へ差し込む。

書斎

この家の壁天井の仕上げには全て白漆喰(しっくい)を使用している。その清潔感のある上質な雰囲気を生かすよう、各所の「取り合い部分(床と壁の接続部/壁と天井の接続部)」には、既製の装飾部品(幅木やモールなど)を用いない手仕事の仕上げを施した。

洗面室

空間を強く身体的に感じる事の多い洗面浴室だからこそ、工業的な生活の強いユニット/システム製品は採用せず、丁寧な手作業の職人技術で仕上げた。必要最小限の機能を検討し、選ばれた各機能に高い耐久性能とデザインセンスを持つ上級の製品を採用。

個室A

白漆喰の壁天井と、天然メープル(楓)の床材との組み合わせが、十勝の風土らしい素朴な清潔感を演出している。この家の家具の選定は、すべてこの家の質感を理解されているお施主様がおこなっている。

個室B

この家で唯一の二階部分。開放的な眺望を生かして、ゲストハウスとしてもセカンドリビングとしても活用できる大空間の個室である。

メニュー
ページトップへ