(有)丸喜 石川工務店

電話番号:03-3645-9496

FAX:03-3645-9479

平成の大改修
一戸建て

家も、住む人の生活形態の変化によりリフォームすると、今よりも快適な生活が送れます。
今回は、部屋の数を減らして1つ1つの部屋を広くします。

世帯属性 単世帯
建物構造 木造軸組
階数 2階建
立地属性 その他
所在地

東京都江東区

特長
高耐震バリアフリー

リフォーム

施工写真

柱を取りました

丈の高い梁を入れることにより、部屋の真中にあった柱を1本取れるようにしました。

柱が邪魔ですね・・・

キッチンと和室をダイニングキッチンに変更するのに、柱を1本抜きます。

抜きました

以前は、キッチン3畳と和室3畳の2つの部屋だった所を7畳のダイニングキッチンにしました。
さらに、襖を開ければ、和室と合わせて15畳の広いリビングになります。

玄関の土間が広く取ってありますが・・・

玄関の土間が広く取ってありますが、その為に以下のことが問題となりました。

問題点
1 階段が急すぎる
2 土間が低い
3 部屋への出入口が危ない

そこで

土間を狭くしました

結果
1 階段を新規で作り、手前まで出し踏み面を広くし、さらに手摺もつけました。 これで上り下りも楽になります。
2 式台を取付けて土間と床との間に1段台を作り、腰掛けられるようにしました。
3 部屋への出入口を廊下に接するようにしました。

2階洋間

2つの和室(4.5畳×2)があった所を1つの洋間(7.5畳)にし、クローゼットと可動棚を作りました。

ベランダも

ベランダにウッドデッキを作りました。
地面と和室の床との高低差が40cmほどありましたので、上り下りも大変でした。
そこで高さを和室の畳の高さより少し下げた位置にウッドデッキを作り、出入りが楽にできるようにしています。

ここを建て出しました

改修前に、洗面所が狭く洗面も小さく使い勝手が悪かったので、90cmお風呂を建て出すことにしました。
そうする事により、洗面を広くしました。
その結果、幅75cmの洗面と前はキッチンにあった洗濯機を置き、さらに服を脱ぐスペースを確保できました。

メニュー
ページトップへ