(有)勝建ホーム

電話番号:0463-51-5088

FAX:0463-53-2055

介護住宅と既存キッチンリフォーム
一戸建て

年老いたご夫婦の住宅。医療施設へ入院中であるご主人様の退院後の介護生活が、ご夫婦共に快適に過ごして頂けるように考えた住宅です。

世帯属性 単世帯
建物構造 木造軸組
階数 平屋
立地属性 郊外型
延床面積 42.87m2 12.97坪
所在地

山梨県山梨市

特長
健康高耐震高耐久バリアフリー介護

リフォーム

第18回 TH大賞 リフォーム部門 敢闘賞 受賞作品

施工写真

別棟での介護生活

既存母屋はダイニングキッチンだけに手を加え、(図面はダイニング部分のみ表示)介護生活の中心となる寝室、浴室、トイレ等の水廻りは別棟を建ててご主人様の介護スペースとしました。

屋外から直接寝室へ入る車椅子生活

車椅子生活を強いられるご主人の介助に当たる奥様が、なるべく楽に介護が出来る様、屋外から直接寝室へ出入が可能な提案をしました。

スロープ

ポーチ部分は可能な限り緩い勾配で上がれるようにスロープを折り返して設置しました、スロープが雨に濡れないように屋根の軒を深く持ち出したデザインとしました。

渡り廊下

別棟(寝室)から母屋(ダイニングキッチン)への移動は、車椅子での移動が可能な渡り廊下で。あえて外壁を取り払った、開放された構造が古き良き時代の癒しの空間になっています。

動線のフラット化と素材のこだわり

水廻りは介護を配慮し、トイレと洗面、浴室を広いワンルーム内にレイアウトしました。そしてその全ての動線はそれぞれフラット構造の3本引戸としました。高齢者が住まう生活のスペースとして手摺の設置、滑りにくい床材(ペットでも滑らない)を採用しました。

ベットから見渡せる自然の景観

寝室のベッドに居ながらも、生まれ育った恵まれた自然を見渡せる癒しの空間に。
また母屋の居間から家族が増築された寝室を見守れ、且つ、景観を損なわないようにしました。

キッチンから渡り廊下へ

母屋の新しく入れ替えたシステムキッチンの横からは、渡り廊下が見えます。

メニュー
ページトップへ