協同組合紀州直産住宅

電話番号:0120-58-2267

FAX:0738-32-2267

外観
一戸建て

白と黒で統一し、モダンな外観になっています。黒の外壁は、焼き杉板を採用し、いい風合いが出ています。白のスリット部分は、光が反射し、白さが際立つように、ガルバリウム鋼板で仕上げています。基礎には凸凹をつけ、荒々しい岩のような土台の上に、建物が建っているイメージです。

世帯属性 単世帯
建物構造 木造軸組
階数 2階建
立地属性 郊外型
所在地

和歌山県日高郡

特長
自然素材健康バリアフリー

モダンなセンスの家

伝統的な住まい

施工写真

1F内観1

1階は外観とは違い、和風のつくりになっています。構造材である梁を見せ、天井は杉板で、2階の床板と兼ねています。フローリング部分も杉板で、ふんだんに使った紀州材を見せています。

1F内観2

壁は、白の珪藻土で仕上げています。床や天井が杉板なので、光が反射し、いい感じの色あいになっています。それに外周は、土壁なので調湿効果や蓄熱効果が期待できます。

1F内観3

天井の高さと仕上げを変え、雰囲気の違う部屋にしています。天井の仕上げは、簾を貼っています。照明器具は、メインの提灯一つだけにし、他の部屋は、ダウンライトを設置し、目立たぬようにしています。これだけでも、十分な明るさです。

1F内観4

窓を大きく取った部屋と、ほとんど取っていない部屋をつくり、明るさのメリハリをつけています。窓を取っていない部屋は、西に位置するので、夏の西日対策にもなっています。仕上げ材全てが、自然素材で出来ています。

2F内観1

2階は外観と同様、モダンな空間になっています。白を基調にし、アクセントで一面を黒壁にしています。仕上げ材は、合板を使用し、クロスとは違い、シャープな仕上がりになっています。天井は、船底天井にし、広がりある空間になっています。間口一杯、幅2.6mの造りつけのテーブルを設置しています。

2F内観2

BOXの棚は、シナベニヤを使い、W1,800×H350×D300のユニットを造り3段に重ねています。これだけあれば、かなりの収納量があります。照明器具は、ブラケット(壁付け)とダウンライトを設置し、1階同様、目立たぬようにしています。

2F内観3

幅1.8mのクローゼットと机を設置し、机の前に窓を取り、南北の通風を確保しています。机の上の天井に、ダウンライトを設けているので、スタンドが不要です。その分、机が広く使えます。

2F内観4

BOXの棚を置くことで、簡単な間仕切りのように使え、廊下の感じがすると思います。BOX棚は、棚でありながら、間仕切壁にもなる優れものです。

メニュー
ページトップへ