(有)小宮建具店

電話番号:044-411-1755

FAX:044-430-1444

快適な住まいをめざして
一戸建て

築36年の木造1戸建住宅。
1階一部を店舗として第3者に貸与している為、新築ではなく全面改装した。
お施主様はご高齢の夫婦二人住まい
ということで、
ホームエレベータを設置し、明るい2階を
生活の拠点とした。

世帯属性 単世帯
建物構造 木造軸組
階数 2階建
立地属性 その他
延床面積 120m2
所在地

神奈川県川崎市多摩区

特長
高気密・高断熱電化太陽光バリアフリー

省エネ

リフォーム

施工写真

料理する人の気持ちになったプラン作りを目指して。

対面式オープンキッチン、座って料理でき
食洗機、IHクッキングヒーター等の設備
も充実させた。作業動線、シンク上の天窓
からの採光、テーブル越しの出窓からの
景観、開放感も考慮した。

使い勝手や将来を考えたプラン。

以前は設備自体が古く段差もいたる所に見られ、浴槽も深く立ち振る舞いに不便だった。
出入り口は段差をなくし、3枚引戸にして
将来車椅子でも通れる開口幅を確保した。
要所に手すりを設けた。

心からくつろげる空間作り。

大容量の壁面収納の扉は室内ドアーと
同色にして部屋全体に統一感を持たせた。
出窓からは芝生と木立が見え開放感を、
天窓から注ぐ明るい光は癒しの空間を
各々演出している。

将来の事を見据えたホームエレベーター造り

お施主様の年齢、生活の拠点を2階と
した事を考慮し、ホームエレベーターを
設置した。2方向出入り口タイプで、
エレベーターに乗ったら、方向転換しないで
そのままの向きで降りられるようにした。
将来、車椅子が必要となった時も、2方向
出入り口なら乗り降りの動作がスムーズに
できる。

外壁との調和を考えて。

玄関ドアーは外壁との調和、お施主の年齢を
考え、格調のあるデザインを選んだ。
ポストも玄関回りの雰囲気を壊さない
色、デザインにした。

玄関ホールも全体のバランスを考えたプラン。

広さと収納を多くとった。
アクセントととして階段上がり部分の子壁に
パイン材を貼った。

和と洋の境目。雰囲気を損なわないように。

和室とリビングの間仕切り建具。
南側の和室からリビングに入る日光を
さえぎらないような、和にも洋にも合う
デザインで製作し、
硝子も和風テイストを損なわない障子風の
硝子を選んだ。

屋根、建物もすっきり統一させて。

既存建物は後半分を増築してある
為、付足した様な外観で屋根の形状も複雑になり雨漏りの原因となっていた。
色、質感共お施主様の年齢に合った
落ち着いた重みのある厚さ16ミリの
窯業系サイディングを上下2色に
貼りわけ、屋根もすっきりとした切り妻型に
全面作り変えた。

住み手のライフスタイルを考えたプラン。

お施主様の趣味の会のお友達をおまねきする1階部分のゲストルームにはミニキッチンを
設置した。

メニュー
ページトップへ