誠陽建設(株)

電話番号:0747-22-2328

FAX:0747-22-3992

伝統的な木造住宅を新しい生活に合わせリフォーム
その他

伝統的な木造住宅の一部を子世帯の新しい生活に合わせてリフォームした物件です。
そのまま残すお部屋とのつながりを活かしつつ、シックにまとめました。

世帯属性 2世帯
建物構造 木造軸組
階数 平屋
立地属性 郊外型
所在地

奈良県五條市中町

特長
自然素材健康

古民家再生住宅

リフォーム

施工写真

天井と木目を合わせ明るく広々とした印象に

垂れ壁を解体して天井板を2室つなげて杉板を貼り伸ばしたことで、明るく広々とした印象になりました。
床にも杉の無垢フローリングを貼り、天然のワックスで仕上げました。
天井と木目を合わすことで一層広がりを感じます。

杉板の床材の自然の暖かさ

杉板の白さが引き立つように柱や梁をダークブラウンの自然塗料で塗装し空間を引き締めています。
寝転がると杉板の床材の自然の暖かさがよくわかります。
壁は漆喰調の珪藻土「エコクイーン」を塗りマットな仕上がりに。
この珪藻土は調湿性に優れ、光触媒効果があるので、消臭、有害物質を吸着分解してくれます。

元押入れを壁一面のクローゼットに

リビングの奥は8帖の和室を洋室に改装しました。
元押入れを壁一面のクローゼットに改装して使い勝手をよくしました。

サッシを取り替えて断熱性を高めました。

木部のダークブラウンに合わせてサッシや建具もマットなブラックを採用しました。

廊下があることで部屋に直接光が入りにくかったのですが、通路も一室として組み込むことで明るく開放感のあるお部屋になりました。

リフォーム(前)

提灯型のぼんぼりライトで明るい素敵な玄関ホールになりました。

改装したリビングと同じく天井板を明るい杉板に張り替え、塗り壁も漆喰を塗り、柱や梁はダークブラウンに塗装し直しました。

床板は杉の無垢フローリングに張り替えて、土間のタイルも明るい色に張り替えました。
シューズクロークも腰高の物に取り替えたので圧迫感が減り広くなりました。

メニュー
ページトップへ