(有)オイカワハウジング

電話番号:0191-74-3292

FAX:0191-74-3247

160年程受け継いだ伝統の古民家を再生
一戸建て

代々受け継いできた古き良き建物に基礎工事、構造体工事、耐震補強、気密断熱工事等を施し、内部は使いやすい動線に間取りを改良。オール電化の快適住宅に大変身!!

世帯属性 2世帯
建物構造 木造軸組
階数 平屋
立地属性 郊外型
延床面積 236.19m2 71.3坪
坪単価 45万円/坪
所在地

岩手県一関市大東町沖田

特長
自然素材健康高気密・高断熱高耐久電化

古民家再生住宅

施工写真

和のたたずまいに馴染む玄関収納

玄関収納は和の空間にマッチした当社造り付家具を設置。天板は天然無垢の板材を使用。

玄関から見た広々としたホール

ホールは吹き抜けで開放感抜群。階段は吹き抜けを利用したロフトへのアプローチ。洋室入口には、今まで使用していた鏡戸を採用。

開放的な広縁

表側には天井を高く取った広縁を設け開放的な空間に。サッシ・入口建具共、幅広い建具を採用。障子には和紙ガラスを貼り、貼り替え不要に。

寝室(2部屋)

モノトーン調に壁・天井を仕上げ、梁・柱の存在をアピール。床はノンワックスの高耐久フローリングを採用。お掃除も楽になります。

掘ごたつ付の茶の間

茶の間には大きな堀ゴタツを当社家具職人にて設置。天井は、大きな梁や組物が見えるように吹き抜けに。高気密・高断熱だからできる高い天井の開放感

茶の間(上部にはロフト)

茶の間には造り付けの飾り棚収納を設置。部屋続きの吹き抜けなので、上部にはロフトが見えます。

ロフトから見下ろしたダイニングスペース

ホール階段から上り、ロフトから見下ろすと、ダイニングスペース・キッチンが見渡せます。床には、桧の床板を使用しました。冬は、スラブヒーター+蓄熱暖房器でぽかぽかです。

おばあさんの寝室

祖母様はベットの生活なので床はフローリングに。なるべく日中は外の光を取り込めるように工夫。和洋融合の空間。

2部屋続きの座敷

和室は2部屋続間とし、人寄せなどにも対応。表側、西側共に開口部を大きくとり、明るさも抜群。施主様より落成祝に招かれ皆様と祝杯をあげました。

メニュー
ページトップへ