東海建設工業(株)

電話番号:0463-75-3772

FAX:0463-75-3789

古材が思いを繋いだ家
一戸建て

建て替えの際に「思い出がある母屋の木材を利用して欲しい」と言う、お客様の想いが詰まった住まいです。切妻の大屋根とし、重厚感のある外観になりました。断熱材には自然素材で調湿作用に優れたセルロースファイバーを採用して快適な居住環境に配慮。各部屋にも古材を要所に使用し、お客様にとても喜んで頂けました。

世帯属性 2世帯
建物構造 木造軸組
階数 2階建
立地属性 郊外型
延床面積 264m2 80坪
所在地

神奈川県秦野市

特長
自然素材健康高気密・高断熱高耐震高耐久

省エネ

モダンなセンスの家

施工写真

古材の加工

解体時に痛めないように慎重に取り除いた古材です。自社の作業場で古材の材質、くせ(曲り)をみて、どの箇所に、どのように利用するかをきめます。その後に墨付け、手刻み加工を行います。この古材が新たな住まいで生きてきます。

玄関ポーチ

広々とした重厚感がある玄関ポーチです。アクセントとして壁に乱石を張り、植栽を飾るニッチを設けました。ニッチは間接照明になっていて、夜の照明時には、また違う雰囲気になります。

モダンな玄関ホール

玄関ホールにオープンで広々した階段があります。床は無垢材のウォールナットで段板、親柱、窓枠等は県産桧材を加工し着色、壁、天井、共に珪藻土の左官仕上げ、すべてが自然素材となっています。階段手摺は既製品では物足りないので、木の枝を選別して樹皮を剥き、磨いて着色しています。この世に唯一の手摺になりました。

玄関ホールからの緩やかなアプローチ

玄関ホールから居間、キッチンに繋がる動線を柔らかくする為に壁を曲線にし、ニッチで曲線を強調しました。ダウンライトを天井面より深く彫り込むことで、柔らかい光となり、左官のコテムラ、曲線の壁、存在感のある古材を演出します。

メニュー
ページトップへ