(有)山本工業 一級建築士事務所

電話番号:028-636-0611

FAX:028-636-0632

五代に建つ2世帯住宅
一戸建て

無垢の材料と自然素材、そして古材にこだわった住まいです。
1階はモダンな和の空間、2階はシンプルな洋の空間。
共に古材や古民家の建具をバランス良く取付け、落ちついた味わいのある室内になりました。

世帯属性 2世帯
建物構造 木造軸組
階数 2階建
立地属性 郊外型
所在地

栃木県宇都宮市

特長
自然素材健康電化

モダンなセンスの家

古民家再生住宅

施工写真

ゆったりとしたエントランスホール

中央の柱は、200年前の古民家のけやきの柱。
玄関収納の天板には、大きな秋田杉の板を使用。
階段横の大きな窓からは庭の景色が眺められる、
ゆったりとしたエントランスホールです。

古材を使った吹き抜け

リビングの中央を吹き抜けにしました。
上部の四角い4つの窓より、朝日が入りとっても明るい空間です。古材の梁も喜んでいる様な気がします。
(気のせいかな?)

いまどきの和室

最近は柱を出す真壁の和室ではなく、柱を隠す大壁の和室の設計をよくします。
銘木を使うと、雰囲気が重くなりがちな和室ですが、天井を無節の杉の板を使い、壁を暖色系の珪藻土を使うことによって写真の様にシンプルな落ちついた和室に仕上がります。

洗面コーナー

市販の洗面台も合理的で使いやすいと思いますが、このようなものも味があっていいでしょう。
ちなみにカウンターの足は古民家の屋根を支えていた煤竹(ススダケ)を使用しました。

トイレ

ここも飾りを極力なくしたシンプルな空間としています。
天井と壁の一部は松の羽目板。
ステンレスのボールを取り付けたカウンターは、なんと日光杉です。

メニュー
ページトップへ