(有)山本工業 一級建築士事務所

電話番号:028-636-0611

FAX:028-636-0632

いまどきの民家
一戸建て

懐かしくもあり、現代風でもある、若いご夫婦の住まい。
玄関の土間を広く取り、直接リビングにつなげた昔ながらの住スタイルをイメージしました。

世帯属性 単世帯
建物構造 木造軸組
階数 2階建
立地属性 郊外型
所在地

栃木県那須塩原市

特長
自然素材健康

モダンなセンスの家

伝統的な住まい

吹抜大空間の家

施工写真

コストと意匠にこだわった外観

屋根…ガルバリウム鋼板たてはぜ葺き
外壁…1階部分 ガルバリウム鋼板 2階部分 和木調サイディング 
ベランダ…アルミを使わず、あえて大工手作りの木製手摺を製作。構造と意匠を兼ねたデザインになっています。
コストを抑えてつつ、意匠性を持たせて個性を出しました。


自分だけの手作りキッチン

オーナーの使い方に合わせた手作りキッチンです。
天板は50角のモザイクタイル。キャビネットは、ピーラーの突板貼り。食器洗い機も取付けました。
キッチンの床を一段下げて、リビングに座った時に家族と目線が合うように設計。
リビングと一体感のある楽しいキッチンです。

オーナーさんの施工作品

正面の壁にはイナックスのエコカラットという商品を使用。吸湿性に優れた商品で、結露やカビの発生も防ぎます。デザインや色も豊富で施工性も良好。
後ろの壁にはガラスブロックを一部使用。採光とアクセントになっています。
オーナーさん自らの壁を張って施工しました。オーナーさんの自信作です!

手洗いカウンター

厚さ、約8cmの無垢の杉板をバーナーで焼き、ウレタン塗装を施し、手洗いカウンターにしました。
ステンレスのボールとカウンターの色、質感の調和がなんともいえない雰囲気を出しています。

蔵戸

蔵の出入口に使用されていた建具に手を加えて、玄関の引戸にしました。
『今どき民家』の顔として生まれ変わります。
オーナーさんと一緒に買い付けにいきました。とことん見て気に入ったものを見つけました。

古民家風

構造材の筋かいを利用して作った手作りのテーブル。材料費・手間ともに安価で非常に存在感のあるテーブルに仕上がります。
奥の和室はリビングより一段床を上げ増した。柱にはお子様の成長を残せるよう太い柱を入れました。
床は古民家風に仕上げた無垢材を使用しました。

土間のある玄関。

2階から大谷石を敷いた土間を見下ろす。
広い玄関土間は大谷石と小砂利の洗い出しで仕上げました。
正面の納戸の建具は古民家の再利用です。
まっすぐに伸びた緩やかな階段は無垢の松材を使用。手摺は古民家のすす竹を利用しました。

子供と共に成長する部屋

広く大きな勉強机。
本棚も造り付け。正面の壁はどこでも画鋲が使える様にOSBの合板としました。
将来は部屋を仕切って個室にも対応できるように考慮しています。

メニュー
ページトップへ