木は二度生きるといわれています。一度は樹木として生きているとき。二度目とは伐採後木材として柱や梁などの構造材として生かされるときで、徐々に強度が増し続けるといわれています。
事実、引っ張り強度や圧縮強度は、伐採時よりも 300年後の方が強く、鉄やコンクリートと比較しても優れています。このことは、木の家が耐久性や地震にも強いことを物語っています。

村上武著「木材の実際知識」東洋経済新報社より


木の色、手触り、香りなど、木の家は優しく人を包んでくれます。  木は人間の目にちょうど良い具合に光を反射してくれるので、目が疲れにくく、また適度な吸音作用によって音の反響を防ぐので、耳にもやさしいといわれています。
さらに床材としての木は、歩くときの衝動をやわらかく受け止めるだけでなく、床の冷えを防いでくれるので、疲れにくいことが科学的に裏付けられています。
こんな木の優しさが住む人に安らぎを与え、「木の家」が人々の心をとらえる根強い人気の理由です。

ヒノキにはヒノキチオールという殺菌効果のある成分が含まれており、木の調湿作用と相まってダニの繁殖を抑えることができます。また、ヒノキに限らず多くの樹木には、フィトンチッドという香りを発する成分が含まれています。この成分は、大脳の働きを活発にする作用があります。「木の家」に住めば心も体もリフレッシュできる森林浴をしているような効果が期待できるのです。


ヒノキ

スギ

ヒバ

カラマツ

木は鉄やコンクリートに比べて大幅に熱伝導率(熱の伝わりやすさを示す値)が低く、断熱性に優れている点が大きな特徴です。つまり木の家は断熱効果が高いのです。さらに木は木材になっても生き続け呼吸をしていますから、湿気た状態の時には吸湿し、乾燥状態になれば放湿するのです。いわば天然のエアコンであり、私たちに快適な居住環境を提供してくれるのです。

木の家は火に弱いと思われがちですが、木材はある程度の厚さがあれば、表面が燃えることでできる炭化層によって、中の芯まで燃え尽きるのを遅らせることができます。このため、木の柱、梁などの構造材や壁などの下地材を、さらに石膏ボードなどの燃えにくい材質で覆えば、驚くほど高い耐火性能を発揮させることができます。

無処理集成梁断面の30分
燃焼後の炭火状況(今泉)